スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マロンの検査結果ご報告

1/14(木)に病理検査に出していた結果を先程もらいました。


炎症細胞が少しみられ、浮腫があるが今すぐ治療が必要な状態ではないとの事で投薬治療せずに経過観察していくようになりました。
悪い病気じゃなくて本当に安心しました


marongennki_convert_20100129152028.jpg

も元気でーす
teregoro_convert_20100129152111.jpg


現在は、マロンの吐き気も治まり元気で毎日イタズラばかりしてくれてます

ご心配下さった皆様、本当にありがとうございました<(_ _)>
marronthanks_convert_20100129152052.jpg
スポンサーサイト

テーマ : アメリカンコッカースパニエル
ジャンル : ペット

マロンさんの検査結果

昨日、マロンさんの内視鏡検査が行われました


予約していた9時にマロンさんとお供のくまごろー氏を引き連れてに向かい受付を済ませて、順番を待っていると診察室に呼ばれ、内視鏡検査前に血液検査をするためまず採血をされました。
普段ならマロンさん採血でも暴れる事はないのですが、不穏な空気を察知していたのかは不明ですが、昨日は大層採血を嫌がり暴れたので針を刺していた前足からは出血が…
出血している箇所を1分ほど止血してから再度採血されると、観念したのか何とも切ない顔をして採血の間私を見つめておりました

血液検査の結果が出るまで待ち、特に異常がなかったので内視鏡検査ができるとの事で(貧血や他の病気があると内視鏡検査をしてもらえないようです)麻酔が効きやすくなるように鎮静剤の注射を打たれたマロンさんを病院に預け一時帰宅する事に。
検査やら、くまごろーの爪切りをしてもらっていたので診察が終わるのに1時間以上かかってしまいました。

麻酔が切れるのに時間がかかるそうでお迎えの時間は夕方の5時になりました

くまごろーと帰宅したものの何だかソワソワとして落ち着かないので、くまごろーとロングのお散歩に出かけたりして(病院からの緊急のがあるかもしれないのでを持参)時間を潰していたのですが、こういう時の時間の流れってすごく遅く感じてしまって待っている間中本当に落ち着きませんでした



やっと夕方になったのでマロンを迎えに行くと診察室に呼ばれ獣医さんから検査結果の説明をしてもらいました。


結果は、

明らかな病変は目視では確認されなかったのですが、胃の入り口は綺麗な状態だけど胃の中央部(下の絵②部分)で胃の荒れ方がひどくガサガサになっていて点状出血している箇所が何箇所かあったそうです。
それと、内視鏡検査の際に空気を送りながら胃を膨らませて検査しているのですが胃の出口(幽門部。下の絵①部分)が何度空気を入れて膨らませようとしても膨らまず、本来十二指腸まで内視鏡検査しているのに、今回は十二指腸まで検査できなかったそうです。
maron-convert_20100115090255.jpg

①部分が繊維状になって硬く固まってしまったら、胃の中の食べ物を十二指腸へ送り出せなくなりいつまでも食べ物が胃の中に残った状態になると吐くのが続いてしまうので、そうなると①部分の手術が必要になるそうですが、今回の検査では胃の中に食べ物が残っておらず十二指腸へ送ることが出来ているので今の所、手術の心配はないとの事でした。

②部分が荒れて炎症を起こしているのは、もしかしたら食べ物に対してアレルギーを起こしているのかもしれないのでフードの変更が必要になってくるかもしれないそうです。

①と②部分の状態は、一過性か、病変によるものか、体質的になったのか不明なので、①と②の部分の何箇所からか胃の組織を採取して病理検査に送ったので検査結果がでるのに10日前後かかり、病理検査の結果はまた後日と言う事になりました。

また今回の検査は胃の表層部の組織しか採取できないので100%は断言できないが、今後の対処の大体の目安になるそうです。(胃の深層部の組織を採取するには開腹手術しなくてはいけないと言う事でした)

現在、処方されている薬を飲み経過観察して、それでも吐き気が治まらない場合は内服薬を変更する事になりました。

検査結果が一部出ていない物もあるのでホッと安心はできないものの、まだ少し麻酔が覚めやらぬ状態のマロンさんと半日ぶりに再会できました

まだ麻酔が少し効いているようで獣医さんの説明の間、看護師さんに抑えられていたマロンが何度もすっ転びながら私の所に来ようとしていた姿を見て思わず涙がこみ上げてきてしまいました

病理検査の結果が何の問題もない事を願いつつ結果が出るのを待つ日がまだしばらく続きそうです。
でも、ポリープだとか目で診ての病変がなかっただけでも少し安心しました。


今回、麻酔をしての検査だったので検査のついでに体温測定機能付のマイクロチップをマロンに埋め込んでもらいました

マロン自体は、至って普段通り元気にしています

ご心配して下さっている皆さん、本当にありがとうございます<(_ _)>
病理検査の結果も絶対異常ないはずです

テーマ : アメリカンコッカースパニエル
ジャンル : ペット

☆あけましておめでとうございます☆

更新をサボっている間にあっという間に時は流れ、いつの間にか2010年になっておりました。


改めまして

皆様、新年あけましておめでとうございます♪
160_convert_20100108094933.jpg



空白の期間に、我が家ではどのような事があったかと申しますと…

マロンさん吐血&出血を伴う下痢で連日通院にて点滴+投薬加療+検査
くまごろーも下痢をしていたので投薬治療を続けていたので、初めてのクリスマスも、お正月もそれらしい気分を味わう事ができず今日に至るわけなのであります(泣)

ご覧の通り
169_convert_20100108095712.jpg
マロンさんもくまごろー坊ちゃんもガックシしております。


マロンさんの吐血・血混じりの下痢は年末に数回していたのですが、年明け後は一度吐血したものの現在は回復し元気を取り戻しました。
年末の(レントゲン・便・血液・超音波)検査では原因が特定されず、来週14日(木)に麻酔をして内視鏡検査(胃粘膜組織の病理検査)をする予定になっています。


元々、マロンさん胃腸が非常に弱く嘔吐を繰り返していたのですが、1歳を迎えてからは嘔吐しなくなっていたので油断していた所に、今回の吐血騒ぎが起きてしまいもっと用心してあげるべきだったと反省していますorz

クリスマス前に吐血していたのですが点滴や投薬のお陰か回復してきていて、1/4に一度少し吐血したものの点滴をしてもらってからは、普段通りの元気なマロンになっておりますので心配なさらないでくださいね~。


12月初旬に6.3kgあった体重が1/4には5.7kgに減っていてマロンを抱き上げると軽くなってしまいましたが、『気安く私に抱きつくんじゃないわよっ!!o(`ω´*)o』と、大暴れして腕の中から逃げていくくらい元気になってくれてます。
137_convert_20100108103115.jpg
『おかーたんが無理矢理アタチ達に着ぐるみ着せたりするから
 ストレスでアタチのお腹イタタになったんじゃないでしゅかね?』


記念すべき新年初っ端の記事が病気療養の記事になってしまい何だか幸先不安な2010年の幕開けとなった我が家ですがマロンの検査の結果が良くて、これから先は大きな病気や怪我のない1年になってくれる事を切に願っています。
004_convert_20100108103753.jpg
『みなしゃんにとって今年がよい一年になる事を祈っておりましゅ』

テーマ : アメリカンコッカースパニエル
ジャンル : ペット

復活の兆し☆

昨日で8月が終わり、今日からは9月。
朝晩涼しくなり過ごし易くなってきましたが、日中はまだまだ残暑厳しい日が続いていますね(´Д`;)ヾ
DSCN4293_convert_20090901102424.jpg
↑昨日は毎月恒例のフィラリア予防の日でした☆


~マロン劇場~しばしお付き合いくださいませ(^^)
現在、投薬治療中のマロンさんですが薬のお陰で随分元気を取り戻しています。
DSCN4313_convert_20090901104552.jpg
『はぁ~、何だかヒマでつね~ε=(~Д~;)』

DSCN4316_convert_20090901104719.jpg
『お母たんが暇そうにしてるからアタチが遊んであげるわ』

DSCN4324_convert_20090901105322.jpg
『さぁ、遊ぶのよ。お尻のでっかい・オ・バ・た・ん』  マ、マロンさん、確かにお母さんふくよかな体型だけど、あなたちょっと言いすぎじゃないのo(`ω´*)oムキーッ!!!

挑戦的な眼差しのマロン
DSCN4331_convert_20090901104143.jpg
『いや~ね、ムキになっちゃって~。。アタチに力比べで勝てると思ってるのかちら?フフン』

DSCN4329_convert_20090901104313.jpg
『アタチが本気出すと勝てなくってよー』 マロンさんの力には敵いません☆


ヒート中は体がダルかったのか、持ってきて遊びもあまり続かず引っ張る力も弱かったのですが、段々と薬が効いてきたのか引っ張る力も力強くなってきました。
DSCN4303_convert_20090901102918.jpg
まだ食欲が元に戻ってはいませんが、散歩途中でしゃがみこんで動かなくなる事がなくなってきているので気力、体力、食欲ともに元通りになる日も近いと思います。





~余談ですが~ ※忙しくて写真を撮る事ができませんでした。
8/30(日)に猫カフェのお手伝いに行ってきました。
この猫カフェは、保健所に保護されている子猫の里親を探す目的で8月から月に1回程度ペットショップのご好意で無料でホールをお借りして開かれており、30日は保健所から4匹の子猫が来ていました。

12:00~16:00までふれあいタイムがあり、大勢の方が来て下さいました。

私は、猫に触れた経験が皆無に等しいので、最初は引っ掻かれるんじゃないかと恐る恐るブラッシングなどをしておりましたが意外とすんなりと触らせてくれた事に驚きました(^^;;)

この日、新しい家族が決まった子は1匹でした。
とっても優しそうなパパさん、ママさんのお家にもらわれていきました。 幸せになるんだよ~。


動物の適正な飼い方ができる飼い主さんが増えると、処分される動物が少しでも減ってくるんでしょうね。。

テーマ : アメリカンコッカースパニエル
ジャンル : ペット

いざ動物病院へ参らん

先日の仕切り直しという事で29日(土)動物病院へ改めて行ってきました。

二日間休診だったので大勢の動物が病院に来ており、診察までに1時間半くらいかかってしまいました。

マロンさん全身に発赤がみられるので内服薬(抗生剤と整腸剤)を処方してもらいました。軟膏は今残っている分を赤みのひどい所に塗るくらいであとは内服でよくなると言う事でした。
DSCN4277_convert_20090831091303.jpg
軟膏と内服のお陰で全身の赤みが随分薄くなってきました。
この日は、食欲不振のため点滴と吐き気止めの注射をしてもらいました。


マロンさんのヒートが一度終わりかけたのに未だにダラダラと続いているので獣医さんに聞いてみると、ひょっとすると子宮蓄膿症の可能性があるとの事でした。
~子宮蓄膿症の症状~
◎元気がなくなる
◎食欲不振
◎多飲多尿
◎嘔吐
◎下痢
◎発熱
 
上記の発熱以外の症状全てマロンの状態に当てはまっています。
獣医さんも初めてのヒートで子宮蓄膿症になる子は珍しいと言っていました。
真菌の内服薬が抗生剤なので子宮蓄膿症にも効果があるので恐らくこれで大丈夫ですが、来週中ももしダラダラと続くようであれば血液検査をして、状態が悪ければ手術しなければいけないそうです。
DSCN4279_convert_20090831093401.jpg


今日で内服3日目ですが昨日から血液様分泌物が出なくなりました。何とか、内服だけで状態が改善される事を願っています。

テーマ : アメリカンコッカースパニエル
ジャンル : ペット

プロフィール

コロリオーネ

Author:コロリオーネ
☆マロン(♀)☆
アメリカン・コッカー・スパニエル
2008年10月22日生まれ
食欲旺盛でとにかくやんちゃな女の子♪

☆くまごろー(♂)☆
アメリカン・コッカー・スパニエル
2009年5月16日生まれ
マイペースで元気いっぱいな男の子♪

☆くろすけ☆
アメリカン・コッカー・スパニエル
2010年5月12日生まれ
マロンとくまごろーの間に生まれた5兄弟の長男

フリーエリア
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ペットブログランキング
ランキング参加中                           よければポチッとよろしくです♪     ↓↓↓↓↓↓↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。